XMの入金方法をわかりやすく解説【2020年最新版】

今回は、実際にFXの取引をするときに通らなければいけないこと、入金方法について解説していきます。

『海外のFXって入金してもちゃんと反映してくれるのか不安。』などを理由に海外FXを躊躇しているような人にはぜひこの記事を参考にしていただきたいと思います。

それでは、今回もXMを例に解説していきます!

【海外FX】XM Trading
5.0

①最大レバレッジ888倍
②ゼロカット方式・追加証拠金(追証)なし
③リクオート・約定拒否なし
海外FX業者XMは最大888のレバレッジ取引を行うことが可能。
口座開設で3000円分のキャッシュバックなど豊富なボーナスあり。
また、ゼロカット方式を採用。約定拒否なしの安心設計。

XMの入金方法の種類

XMで利用できる入金方法は以下の5種類です。

・クレジットカード/デビットカード

・Local Bank Transfer(国内銀行送金)

・Bitwallet

・SticPay

・Bxone Wallet

なお、各種振込手数料はユーザー負担となります。

XMの口座開設はこちら

【XM入金方法その1】クレジットカード/デビットカード

【入金方法その1】クレジットカード/デビットカード

海外の証券会社では国内の証券会社では利用できないクレジットカード/デビットカードでの入金ができます。

クレジットカード/デビットカードでの入金後即時反映され、手数料は無料です。

ただし、XMで利用できる種類はVISAとJCBのみでマスターカードやアメックスは利用できません。

クレジットカード/デビットカード入金のメリット

入金の反映が早い

クレジットカード/デビットカードでの入金は、手続き後即時反映されます。

口座にすぐに入金したいときは便利ですね!
振込手数料無料
振込手数料もかかりません。
最低の入金額が少ない
口座への最低入金額が500円と銀行送金に比べ少ない。

クレジットカード/デビットカード入金のデメリット

入金を拒否されることがある

クレジットカード/デビットカードでの入金は、XM側からではなく、カード会社そのものから入金拒否されることが多くなっています。

理由としては、カードで現金(に近いもの)を購入しているとカード会社にみなされているためです。

最近では、カードでの入金を拒否するカード会社も増えているため、いずれカード入金そのもがなくなるかもしれません。

出金の際に手間がかかる

カードで入金した場合、入金した金額と同じ金額を同じカードで出金しなければいけません。

クレジットカードで10万円入金し、その後20万円を出金しようとすると、10万円を入金した際のクレジットカード、残り10万円を銀行送金またはbitwalletでの出金となります。

主な理由としては、反社組織等によるマネーロンダリングの防止です。

レジットカード/デビットカード入金の注意点

カードで入金する際には、必ずXMの口座名義人と同じ名義人のカードで入金するようにしましょう。

名義人が異なるとペナルティを課される可能性があり、最悪入金拒否されることがあります。

クレジットカード/デビットカード入金のおすすめ度☆4.0

クレジットカード/デビットカード入金のオススメ度は☆4.0です。

【XM入金方法その2】Local Bank Transfer(国内銀行送金)

【入金方法その2】Local Bank Transfer(国内銀行送金)

XMで最もメジャーな入金方法がこちらの国内銀行送金による方法ではないでしょうか。

国内のFX証券会社の入金と同じように、国内銀行口座からXMの口座に入金します。

かくいう私も、XMに入金する際は国内銀行送金がメインです。

Local Bank Transfer(国内銀行送金)のメリット

入金手続きがわかりやすい

国内の銀行からXMが指定する銀行口座に振り込むだけで入金が完了します。

ただし、振込人名義は氏名の後ろにMT4/MT5の口座番号を追記する必要があります。これを怠ると資金が口座に自動反映されなくなります。

出金時の手間がかからない

クレジットカード/デビットカードなど他の入金方法だと出金時に入金した金額まで、同じ方法で出金しなければいけません。

国内銀行送金であれば、出金額が入金額を超えていたとしても一緒に入金することが出来ます。

Local Bank Transfer(国内銀行送金)のデメリット

銀行の営業時間外だと入金が出来ない

当然ですが、国内銀行の営業時間外だとXMへの入金ができません。

銀行の営業時間は一般的に午前9時から午後3時までなので、午後3時以降に入金は翌営業日の入金になります。

相場はほぼ24時間動いていて、特に相場が動くのは午後21時以降によく動きます。上記により入金が出来ずチャンスを逃すことになったら悔やんでも悔やみきれないかもしれません。

口座に反映されるまで時間がかかる

銀行の営業時間内に入金したとすると、口座に反映されるまでおおよそ30分~1時間かかります。

1万円未満の入金だと手数料がかかる

入金額が1万円未満の場合、980円の手数料がかかります。

基本的には、1万円以上で入金するようにしましょう。

Local Bank Transfer(国内銀行送金)の注意点

振込人名義に気を付ける

メリットのところでも書きましたが、入金する際には振込人名義は「口座名義人(ローマ字)+MT4/MT5の口座番号」に変更する必要があります。

入金上限がある

XMでの1回の入金額上限は、1千万です。これを超える入金の場合は、何回かに分けて行う必要があります。

Local Bank Transfer(国内銀行送金)のオススメ度☆4.5

Local Bank Transfer(国内銀行送金)のオススメ度は☆4.5。

【XM入金方法その3】Bitwallet

【入金方法その3】Bitwallet

Bitwalletとは、e protections(イープロテクションズ)が提供するオンラインウォレット(電子財布)です。

XMだけでなく、他の海外FX業者でも入金方法として採用されています。

bitwallet入金のメリット

クイック入金に対応

bitwalletからXMへの入金は、クイック入金に対応しています。

bitwalletに残高があれば、夜中であってもXMに即時入金できます。

手数料がかからない

bitwalletからXMへの入金手数料は無料です。

本来であればbitwlletからの入金には手数料がかかりますが、XMが手数料を負担してくれます。

bitwallet入金のデメリット

bitwalletの口座を作らなければいけない

bitwalletを利用するためには、bitwalletに口座を作成する必要があります。

bitwalletに入金する際には手数料がかかる

bitwalletからXMへの入金は手数料はかかりませんが、bitwalletへの入金には手数料がかかります。

銀行口座からbitwalletへの入金では、入金額の0.5%、クレジットカードでの入金では、4~5%の手数料がかかってしまいます。

出金できるのは入金額まで

XMからbitwalletに出金する際には、クレジット/デビットカードの出金と同じように、bitwalletから入金した金額までしか出金できません。

bitwalletによる入金のオススメ度☆4.0

bitwalletによる入金のオススメ度は☆4.0。

bitwalletの口座開設方法は「海外FXで大活躍!bitwalletの口座開設方法」をご覧ください。

関連記事

しゅう海外FX使ってると入出金方法にbitwalletが多いなあ…。bitwalletって日本じゃあまり知られてないしどうやって口座開設するか教えてほしい。そういった疑問にお答えします。本記事の内容[…]

【XM入金方法その4】SticPay

【入金方法その4】SticPay

SticPayは、海外送金でよく使われるサービスです。

しかし、国内銀行送金やbitwalletがある中であえてSticPayを使う理由もあまりないですね。

SticPayのメリット

口座への反映が早い

SticPayからXMへの入金は、数分程度だそうです。

入金手数料無料
SticPayからXMへの入金では、手数料はかかりません。
試したことないにゃ。

SticPayのデメリット

SticPayへの入金手数料が高い

bitwalletより高い手数料がかかります。出金時も同様です。

SticPayの口座開設が必要

当然SticPayの口座開設が必要です。

SticPayによる入金のオススメ度☆3.0

SticPayによる入金のオススメ度は☆3.0

【XM入金方法その5】BXone Wallet

【入金方法その5】BXone Wallet

XMでは仮想通貨での直接入金ができなくなりました。その代わりとしてBXone Walletが使えます。

BXoneとは海外の仮想通貨取引所などから日本円での入金が可能であり「USD・EUR・JPY」3種類の法定通貨と8種類の仮想通貨を24時間両替できるオンラインウォレットです。

BXone Walletのメリット

口座への反映が早い

BXone WalletからXMへの入金は、数分程度で反映されます。

入金手数料無料

BXone WalletからXMへの入金手数料は無料です。

仮想通貨での入金が可能

BXone Walletは仮想通貨での入金が可能なので仮想通貨トレーダーの人であれば使用していきましょう。

BXone Walletのデメリット

出金できるのは入金額まで

国内銀行送金以外の入金方法と同様に、入金額と同じ金額しか出金できません。

BXone Walletの口座開設が必要

BXone Walletの口座を持っていない場合は、開設する必要があります。

BXone Walletに入金するに手数料がかかる

bitwalletやSticPayと同様に、BXone Walletに入金する際に手数料がかかります。

BXone Wallet入金のオススメ度☆3.0

BXone Wallet入金のオススメ度は☆3.0。

XMへ入金が終わればいよいよ実践!その前に・・・

XMへの入金は、個人的には国内銀行送金かbitwalletがおすすめです。(私自身たまにクレジットカードでもやっちゃいますが。。)

入金方法についてメリット/デメリットを解説したので、あなたにあった方法で入金して見て下さいね。

次は、いよいよ取引開始です。取引をするためのツールであるMT4/MT5のダウンロード方法を次の記事で解説していきます。

⇒関連記事:MT4/MT5のダウンロード・初期設定について徹底解説

 

世界基準を体感しよう!【HotForex】
5.0



世界各地で大人気!
業界屈指の人気ブローカー【HotForex】
口座開設は全世界で1,500,000件突破!
金融業界で30を超える受賞履歴を誇るブランド!
今なら1ロットの取引で3ドルのキャッシュバック付き(ドル円の場合)
気になる方は詳細ページのボタンをクリック

Follow me!
スポンサーリンク
NO IMAGE