【FX】知らなきゃ損する!?FXの所得と課税について解説

巷では芸能人の所得隠しが話題になっています。

かくいう私達投資家も、FXの所得についてきちんと理解していないと所得隠し・申告漏れをしてしまうかもしれません。

税金については以前の記事で少しだけ触れましたが、今回はそんな所得と課税の種類にフォーカスして解説していきたいと思います。


関連記事:【FX】FX初心者が今さら聞けない!?国内業者と海外業者のメリット/デメリットを比較


LINE@作りました⇒

友だち追加

【海外FX】XM Trading
5.0

①最大レバレッジ888倍
②ゼロカット方式・追加証拠金(追証)なし
③リクオート・約定拒否なし
海外FX業者XMは最大888のレバレッジ取引を行うことが可能。
口座開設で3000円分のキャッシュバックなど豊富なボーナスあり。
また、ゼロカット方式を採用。約定拒否なしの安心設計。

所得と課税の種類

ちなみに所得と課税がそれぞれ何種類あるかご存知でしょうか?

しゅう
私は知りませんでした!
所得は10種類、課税方法は大きく分けて2種類あります。

所得の10種類

・利子所得
・配当所得
・不動産所得
・事業所得
・給与所得
・退職所得
・山林所得
・譲渡所得
・一時所得
・雑所得

上記が所得の10種類です。それぞれの所得に応じて、所得金額の計算、課税方法が異なります。


課税方法の2種類

・総合課税:不動産所得、事業所得、給与所得、一時所得、雑所得(土地・建物・株式以外の譲渡所得)
・分離課税:退職所得、山林所得、土地・建物・株式の譲渡所得

総合課税はそれぞれの所得を合算して課税され、分離課税は基本的に一律20.315%の課税がされます。

さらに、分離課税には申告しなければいけない「申告分離課税」(FXもこれに含まれます)と天引きで課税される「源泉分離課税」に分けられます。

総合課税と分離課税って確定申告必要なの?
総合課税には、不動産所得・事業所得・雑所得(土地・建物・株式以外の譲渡所得)・給与所得・一時所得が含まれますが、全てを合算して課税されます。所得に応じて上がっていき、15%~55%の課税がされます。確定申告が必要です。

分離課税には、「申告分離課税」と「源泉分離課税」に分けられます。申告分離課税には、土地・建物・株式の譲渡所得、事業所得があり、一律で20.315%で課税されます。確定申告が必要です。
山林所得は所得金額によって税率が変わるものがあるそうです。
預貯金等の利子所得は、源泉分離課税に含まれ、一律20.315%で課税されますが天引きされるため確定申告は不要です。

FXの所得と課税方法

ここでFXの所得と課税方法について見ていきましょう。

国内FXと海外FXで所得と課税方法が異なるので簡単に表にまとめてみました。

金融商品所得の種類課税方法税率
国内FX雑所得申告分離課税20.315%
海外FX雑所得総合課税15~55%
仮想通貨雑所得総合課税15~55%

国内FXは、申告分離課税で税率はどれだけの利益がでても一律20.315%です。

海外FXと仮想通貨の取引では、総合課税となり、利益に応じて税率が変化し、最大55%の課税が課せられます。

FXの所得の計算方法

実はFXでの利益は直接税金が課せられるわけではなく、利益分から必要経費を差し引いた所得分に課せられます。

FXの利益 ー FXにかかった必要経費 = FXの所得

1つずつ説明します。

FXの利益

FXの利益とは、1年間の取引で発生した為替損益とスワップポイントを合算した利益のことです。

ただし、保有しているポジションを決済しないと利益には含まれません。つまり、含み益は申告する所得に含まれないということです。

FXにかかった必要経費

FXにかかった経費は必要経費として、FXの利益から差し引くことが可能です。経費として計上できるものの例をいくつかあげておきます。

・携帯料金、プロバイダー費用

・FXに関連する新聞や書籍代

・PC購入費

・セミナー経費

などなどです。その他にも経費として認められるものもあるかと思いますので、税理士等に相談してみてください。

※上記であげたものはあくまで一例です。

※必要経費は、普通の会社員と同じく実際にFXために使用したことが証明できる書類等が必要になるので、保管しておくようにしましょう。

上記の必要経費をFXで得た利益から差し引いて残った所得に課税されます。

“国内FXに限り”損失繰越ができる!

国内FXは3年間の損失繰越ができます。ただし、海外FXと仮想通貨は現状出来ません。

例えば、1年目に100万円損失を出したとします。2年目に50万円の利益を出し、3年目にも50万円の利益を出したとすると、2・3年目はFXの税金は払わなくて良いということになります。

ここで注意しておいてもらいたいことは、必ず1年目から確定申告をしなくてはいけないということです。もし、1年目に損失を出したからといって、確定申告を怠っていると、2年目、3年目に利益を出した場合はきっちり税金を取られてしまいます。(世知辛いですね)

国内のFX業者を使っている人は勝った場合はもちろんですが、負けても(面倒ですが)確定申告はやるようにしましょう。

所得と課税についてのまとめ

所得と課税についてまとめてみましたがいかがだったでしょうか。

とてもややこしくて理解するには少々難しいところもありますが、知らないと損をすることになったり、最悪の場合所得隠しや脱税などの罪に問われることだってあります。

みなさんも投資のみならず、税金についても学び、少しでも損小利大の人生にしていきましょう!

世界基準を体感しよう!【HotForex】
5.0



世界各地で大人気!
業界屈指の人気ブローカー【HotForex】
口座開設は全世界で1,500,000件突破!
金融業界で30を超える受賞履歴を誇るブランド!
今なら1ロットの取引で3ドルのキャッシュバック付き(ドル円の場合)
気になる方は詳細ページのボタンをクリック

Follow me!
スポンサーリンク
NO IMAGE