【FX】エリオット波動で稼ぐための基礎知識

エリオット波動というと、FX初心者の方が、テクニカル分析を勉強をしようと思ったときに、1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ラルフ・ネルソン・エリオットという人が作り上げた相場理論で、相場は相場の値動きと人間の集団心理を反映して繰り返し現れると思われるもので、数分の時間軸から数年というチャートでも同じように観察されるとされています。

また、先日の記事でダウ理論について解説しました。


その記事がこちら:【FX】チャート分析の基本ダウ理論とは?【初心者】


エリオット波動の源流のひとつが「ダウ理論」です。エリオット波動はいわばダウ理論の後継理論と広く認められるものとなっています。

そこで今回は、そんなエリオット波動の特徴と効果的な使い方について詳しく解説していきます。

【海外FX】XM Trading
5.0

①最大レバレッジ888倍
②ゼロカット方式・追加証拠金(追証)なし
③リクオート・約定拒否なし
海外FX業者XMは最大888のレバレッジ取引を行うことが可能。
口座開設で3000円分のキャッシュバックなど豊富なボーナスあり。
また、ゼロカット方式を採用。約定拒否なしの安心設計。

エリオット波動とは?

そもそもエリオット波動とは何かと聞かれたときに一言で言うならば、「相場には繰り返し見られるパターンがあり、値動きにも一定のサイクルがある」という考え方です。

また、エリオット波動には以下の「3つの基本コンセプト」があります。


エリオット波動の3つの基本コンセプト

・5波動で推進し、3波動で修正する

・それが幾重にも重なってフラクタル構造(入れ子状の構造)になっている

・波のパターンは5つの基本波形に集約でき、それらのバリエーションを含めた波形の組み合わせによってさまざまな波動が形成される


5波動で推進し、3波動で修正する

5波動で推進し、3波動で修正するとはどういうことなのか。まずは図を見ていきましょう。

今回の解説では上昇する波のケースで考えていきます。

上記の赤の矢印に注目すると、数字が振ってある5つの波で構成されているのがわかると思います。

出てくる波を順番に1波、2波、3波、4波、5波というように数字を使って名付けます。

また、青の矢印の波に注目すると、ローマ字が振ってある3つの波で構成されています。

この波を出てくる順番にa波、b波、c波と名付けます。

このとき、1波、2波、3波、4波、5波の大きい波を「推進波」、a波、b波、c波の3つの波を「修正波」と呼びます。

推進波、修正波とは?
推進波とは、文字通り推進する波のことです。修正波とは、波の進行に対し、一時的に中断したり逆行したりする波のことをいいます。

つまり、1つの上昇トレンドでは「上、下、上、下、上」とジグザグに5つの連続した波動の推進波で上昇し、「下、上、下」という3つの連続した波動で下降の修正波が続くとされています。

それが幾重にも重なってフラクタル構造(入れ子状の構造)になっている

株価の動きはフラクタル構造、つまり入れ子の構造になっている」というのがエリオット波動の基本的な考え方です。

フラクタル構造を簡単に説明するならば、「全体の波の形と部分の波の形(全体を構成する波の形)が同じ構造をしている」ということです。

言葉では少し難しいかもしれませんので、図に示してみます。

上記のような1波、2波、3波、4波、5波で形成される大きな(1)波があり、a波、b波、c波で形成される(2)波があったとします。

このとき、(1)波の中にも小さな波の1波~5波があり、さらにその1波の中も1-1波~1-5波の5波動を形成しているといった感じです。波をどんどん細分化していってもその波は5波動か3波動を形成していると考えられています。大まかなイメージはつかめましたでしょうか?これがフラクタル構造と言われるものです。

波のパターンは5つの基本波形に集約でき、それらのバリエーションを含めた波形の組み合わせによってさまざまな波動が形成される

エリオット波動は推進波と修正波によって形成される波の集合波というのは先程解説しました。

その波のパターンは「5つの基本波形で集約でき、それらのバリエーションを含めた波形の組み合わせによってさまざまな波形が形成される」とされています。

5つの基本波形とは、以下のとおりです。


5つの基本波形

・インパルス(推進波)

・ダイアゴナル(推進波)

・ジグザグ(修正波)

・フラット(修正波)

・トライアングル(修正波)


上記のような5つが基本波形となり、複雑に見えるチャートでも基本波形の組み合わせとして捉えることができると考えられています。

基本波形のより詳しい解説はここでは省略しますが、私が実際にエリオット波動を勉強した本を紹介しておきますので、興味がある方は読んでみて感想を教えて下さい。

エリオット波動研究
5.0


あなたのトレード判断能力を大幅に鍛える エリオット波動研究 基礎からトレード戦略まで網羅したエリオット波動の教科書 [ 日本エリオット波動研究所 ]

1波~5波の特徴

ここで簡単に1波~5波の値動きの特徴について説明していきます。

1波の特徴

1波の特徴としては、下落がしばらく続いた後、底値圏で急な反発があったとき、それは1波になり得ます。

ただ、その反発は長続きしないことが多く、比較的じわじわと値動きしていきます。

2波の特徴

2波の特徴としては、1波の値動きの大半を打ち消す強い戻りになることが多いです。売買も徐々に収束していきます。

3波の特徴

3波の特徴としては、基本的に強い上昇となり、5つの波の中でも値動きが一番長く(エクスパンション)なりやすくなります

4波の特徴

4波の特徴としては、強い3波の後ということもあり、乱高下を繰り返しながらペナントやトライアングルといった持ち合いになりやすいです。

5波の特徴

5波目はかなりの勢いで上昇し、バブルのような急騰となることが多々あります

実際のチャートで確認してみよう!

ここで1波~5波の特徴を実際のチャートを見ながら確認してみましょう。

このチャートは、日経平均株価のチャートです。

リーマンショック後の1波の後に起こった、2波のときに東日本大震災でほとんど株価が全戻しをしています。

しかし、その後アベノミクス及び東京オリンピックが決定した3波でものすごい上昇のあと4波、5波ときて下落していることがわかるかと思います。

エリオット波動の教科書にのってもいいくらいきれいな波形を描いています。

エリオット波動におけるトレード戦略の考え方

仮に上昇トレンドだとすると、エリオット波動では5波動形成した上昇の推進波の後は高確率で3波動形成の下落の修正波が到来します。

その5波の転換を狙っていく方法が一番簡単な考え方だと思います。

そうすることにより、損切り幅も狭くできますし、利食いのポイントも広くでき、いわゆる損小利大のトレードが可能となるわけですね。

また、損切りの目安については、損失額でロスカットするのではなく、エリオット波動で立てたシナリオが崩れた場合にするほうがよいと言われています。

詳しい解説は本に書いてありますので、興味がある方は読んでみて下さい。

エリオット波動研究
5.0


あなたのトレード判断能力を大幅に鍛える エリオット波動研究 基礎からトレード戦略まで網羅したエリオット波動の教科書 [ 日本エリオット波動研究所 ]

エリオット波動まとめ

エリオット波動は、テクニカル分析の中では難しい分野だと思います。

ただ、エリオット波動の魅力は、値動きの変動を体系的に捉えるノウハウであるという点です。

相場シナリオとトレード戦略を立てるための比類なき有益性を備えていると思います。

シナリオどおりにチャートが動いたときにはあたかも自分自身がチャートを動かしているのかと勘違いしていまうぐらい思い通りいくことだってあります。

そこに価値を感じたいのであれば、ぜひ深く学んでみてはいかかでしょうか。

エリオット波動研究
5.0


あなたのトレード判断能力を大幅に鍛える エリオット波動研究 基礎からトレード戦略まで網羅したエリオット波動の教科書 [ 日本エリオット波動研究所 ]

世界基準を体感しよう!【HotForex】
5.0



世界各地で大人気!
業界屈指の人気ブローカー【HotForex】
口座開設は全世界で1,500,000件突破!
金融業界で30を超える受賞履歴を誇るブランド!
今なら1ロットの取引で3ドルのキャッシュバック付き(ドル円の場合)
気になる方は詳細ページのボタンをクリック

Follow me!
スポンサーリンク
NO IMAGE