ブログの書き方

【ブログの書き方】分かりやすい文章を書く9つのコツ

  • ブログの書き方がわからない
  • わかりやすい文章を書くコツを知りたい
  • ライティングが上達するコツも知りたい
  • 何から学んだらいいかわからない

こんな要望にお答えします。

ブログ初心者で文章を書き慣れていない方は、どこから書いていいかわからないし、時間がかかって大変ですよね。

なのでこの記事では、あなたの悩みを解決するブログの書き方のコツとあなたのライティング能力を向上させるコツと本も紹介します。

本記事を参考にすると、ブログで分かりやすい文章の書き方が理解でき、ブログのアクセスアップにつながる可能性が上がります。

本記事の内容

  • 【ブログの書き方】分かりやすい文章を書く9つのコツ
  • 【上達のコツ】質を意識しながら量をこなす
  • ライティング能力を向上する本

本記事の信頼性

この記事を書いている私は、ブログ歴4か月です。ブログ開設当初はブログの書き方すらわからない初心者でしたが、今ではブログの文章がわかりやすいといわれることも増えてきました。

レビューありがとうございます😌🙇‍♂️
綺麗にまとまっており、もしかすると僕のブログ教材で解説している「レビュー記事の書き方」を使っている記事かもです。ブログ教材は、おかげさまで好評です https://t.co/KTBr3wRcHp

素晴らしい記事でした!

— オカマ.com❣️ブログチェック (@okamacom) February 5, 2020

【ブログの書き方】分かりやすい文章を書く9つのコツ

【ブログの書き方】分かりやすい文章を書く9つのコツ

分かりやすい文章を書くコツは以下の9つ。

  • 導入部分はブログの予告編である
  • 一文に書きすぎない
  • 結論から書く
  • 図や箇条書きを活用する
  • 要点を強調する
  • 漢字・ひらがな・カタカナのバランスを考える
  • 専門用語は使わない
  • 改行は多めに入れる
  • 友達と話すように書く

順に説明していきます。

導入部分はブログの予告編である

導入部分とは、「タイトルと導入文」です。

まずは、導入部分にこの記事には「どういうことが書いてあるのか」「あなたのこんな悩みを解決しますよ」を詰め込みましょう。

なぜなら、読者は記事を読者は最初から最後まで読んてくれないから。

4か月前の私もそうでしたが、「読者は最初から最後まで読んてくれる」と思っています。

しかし、これは大きな勘違いです。

映画の予告編の気持ちで、ブログの導入部分には力を注ぎましょう。

多くの読者は、導入部分を読んで「なんか違うな」と感じると読むのをやめて別のサイトにいってしまうものです。

あなたが、グーグルで何か調べるときを思い出してみてください。

たどり着いたサイトの導入部分を読んで違和感を感じ読むのをやめてしまうことがありませんか?

読者をひきつけ、さらには検索エンジンからも見つけてもらいやすいように導入部分には心を込めて書きましょう。

記事タイトルで期待にこたえるには…

記事タイトルには、キーワードを2つ入れましょう。

理由は3つ。

  • 記事の内容が絞られる
  • 記事タイトルで記事で悩み解決の期待感を煽る
  • 検索エンジンで検索されやすくなる

まずは検索で読む人に何を伝えたいか、できるだけわかりやすく記事タイトルにすることで記事にアクセスしてくれる確率があがります。

読者が何を想定して調べているかを把握することはブログを書く上で最も大事です。

導入文で期待にこたえるには…

結論からいうと、「自分にとって役に立ちそう!」と思ってもらえるような導入文にすること。

基本的なテンプレは以下のとおり。

  • 悩みの提示
  • 記事の要約
  • 記事を読むメリット
  • 記事の内容
  • 記事の信頼性

基本的には上記でOK。

本記事もテンプレ通り作成していますので、導入文を見返してみてください。

導入文の書き方が、わかると思います。

「ちょっと難しそうだな…」という方は、テンプレ通りに本記事をみながら数記事書いてみてください。

だんだん慣れてくるはずです。

一文に書きすぎない

一文は、できるだけ簡潔にまとめましょう。

「長い文」が「情報量が多いわかりやすい文」ではありません。

例えば、小学生に「国債」を説明するときにこれまでの歴史や仕組みを教えてもおそらく頭には入りません。

そこで伝え上手な人は、「国債とは、国の借金のことです」と書きすぎない文章にすることでより伝わる文章になります。

一文はできるだけ書きすぎず簡潔にまとめることを意識して作りましょう。

結論から書く

わかりやすい文章を書くためには、結論から書きましょう。

ライティングの基本形の一つに「PREP法」というものがあります。

  • 結論(Point)
  • 理由(Reason)
  • 具体例(Example)
  • 結論(Point)

具体例をあげると以下のとおり。

まずは、導入部分にこの記事には「どういうことが書いてあるのか」「あなたのこんな悩みを解決しますよ」を詰め込みましょう。(結論)

なぜなら、読者は記事を読者は最初から最後まで読んてくれないからです。(理由)

(中略)

あなたが、グーグルで何か調べるときを思い出してみてください。

たどり着いたサイトの導入部分を読んで違和感を感じ読むのをやめてしまうことがありませんか?(具体例)

読者をひきつけ、さらには検索エンジンからも見つけてもらいやすいように導入部分には命をかけて書きましょう。(結論)

上記のように、PREP法を意識することで文にまとまりがでてきます。

文は結論から!覚えておきましょう。

図や箇条書きを活用する

文章だけがダラダラと書かれていると読むのに飽きたり疲れてしまいます。

なので、文章が長くなってしまいそうだなと感じたときは積極的に図や箇条書きを使いましょう。

この記事にも、図や箇条書きを使っているので見つけてみてください。

要点を強調する

文章であなたが読者に伝えたい大切な部分は強調しましょう。

強調をいれないと読んでいて単調だと感じてしまい、離脱しやすくなります。

文の強調に使う手法は以下のとおり。

  • 太字
  • マーカー

しかし、強調しすぎると効果はなくなるので、あなたが文の中で最も伝えたい箇所を強調するようにしてください。

イメージとしては、最初から最後まで強調部分だけを読めば、記事の8割が理解できるように意識しましょう。

あなたが「ここだけは読んでほしい」と思う箇所には強調するべきです。

漢字・ひらがな・カタカナのバランスを考える

文章のバランスは、比率的には「漢字:2」「ひらがな:7」「カタカナ:1」の割合で文章を考えるべきです。

理由は簡単で、読みやすいから。

どれかひとつに偏るとかなり読みづらくなります。

例えば以下のとおり。

ばらんすのひりつてきには「かんじ:2」「ひらがな:7」「かたかな:1」のわりあいでぶんしょうをかんがえるべき。

冒頭の部分をすべてひらがなにしてみましたが、何を書いてあるのかわからないですね。

漢字、ひらがな、カタカナのバランスを考えるのはわかりやすい文章を書く大事なポイントです。

専門用語は使わない

専門用語は原則使わないが基本です。

なぜなら、専門用語がわからない読者が専門用語入りの文章を読んだときにそこで思考が停止してしまうから。

具体例は以下のとおり。

【専門用語ありの場合】
文章はPREP法で書きましょう。PREP法はわかりやすい文章を書く基本です。

【専門用語なしの場合】
文章は「結論」「理由」「具体例」「結論」の順番で書きましょう。この書き方はPREP法といいわかりやすい文章を書く基本です。 

どうしても専門用語を入れる場合は、用語解説を入れましょう。

読者に伝わる言葉選びもわかりやすい文章を書くための大事なポイントです。

改行は多めに入れる

改行を挟まないと読みにくい文章になり、結果としてわかりにくい文章になります。

現代はスマホの時代なので、どうしてもスマホの画面上だと文章が長く見えがちです。

具体的に説明すると、「。」ごとに改行しましょう。

これだけで、文章のテンポが格段によくなります。

友達と話すように書く

わかりやすい文章を作る方法として、友達と話すように書くという方法もあります。

話すように書くことで、文章にリズムが生まれ、語尾がそろってしますこともなくなるからです。

具体例は以下のとおり。


しゅう
ブログで分かりやすい文章の書き方教えて
しゅう
わかりやすい文章を書くコツが9つあるよ
しゅう
どんな方法?
しゅう
これが9つのコツだよ
しゅう
なるほど。ちょっとひとつずつ説明してよ
しゅう
OK。まず一つ目だけど…

上記は本記事の冒頭の部分を会話形式で表現したものです。

分かりやすい文章とは相手に伝わる文章を書くこと。

つまり、誰かに話すように書くことで分かりやすい文章を書くことができます

【上達のコツ】質を意識しながら量をこなす

【上達のコツ】質を意識しながら量をこなす

結論からいうと、「上記で紹介した9つのコツを意識しながらブログを書く」です

理由は、ライティング能力は書かないとうまくならないから。

当たり前だといわれるかもしれませんが、これが本質です。

大事なのは、ただ書くだけじゃなく、意識しながら書くこと

例えば、あなたは以下のどちらが100記事書いたあと成長していると思いますか?

  • 毎日更新しないといけない呪縛にとらわれて、100日間でただ間に合わせで書いた100記事
  • わかりやすい文章を書くことを意識して、3日に1記事の更新で300日で書いた100記事

上記でどちらが成長できたかといわれたら明らかに後者でしょう。

もちろんブログにはある程度の慣れが必要なので、毎日更新がダメだとはいいません。

しかし、私が実際にそうだったように、ただ中身のない間に合わせで書いた記事は読者は読んでくれません。

ブログは質か量かではなく、質を意識しながら量を書くことで成長します。

ライティング能力を向上する本

ライティング能力を向上する本

最後にライティング能力を向上させる本を紹介します。

今回紹介する本は以下の2冊。

  • 20歳の自分に受けさせたい文章講義
  • 沈黙のWebライティング

上記2冊は、どちらも文章の本質が書いてありブログ初心者の方はぜひ読んでほしいです。

順に解説します。

20歳の自分に受けさせたい文章講義

文章の構成はこの一冊にすべて書かれています。

文章の基本を学べるので、文章力があがり成長できます。

ブログはスポーツで基礎が大事です。

野球を始めた小学生に教えるのはイチローの打撃論ではなく、バットの振り方だと思います。

ブログもテクニックよりも基礎を学んだ方が1年後の成長度が大きく違ってくるはずです。

沈黙のWebライティング

まず漫画形式の本なので、活字がちょっと苦手な人でもオススメです。

ライティングの基礎だけでなく、検索上位をとる手法(SEO)の知識も身につきます。

ブロガー、ライターは必ず読んでおきたい本になっています。

【まとめ】分かりやすい文章で伝えよう

【まとめ】分かりやすい文章で伝えよう

いかがだったでしょうか。

今回は、今すぐ実践可能な9つのコツを紹介しました。

丸パクリOKなので、使えるところはぜひ使ってみてください。

またライティング上達のコツは質を意識しながら量を書くこと。

この記事を閉じたらすぐに行動しましょう。おわり。

よく読まれている記事

>>失敗しないWordPressを使ったブログの始め方【5つの手順で解説します】

関連記事

Wordpressでブログを始める手順を知りたい サーバーやドメインとかもオススメを知りたい PC初心者でもできるの?こんな要望にお答えします。WordPressブログとは、アメブロやはてなブログ[…]

WordPressブログの始め方 (1)

>>WordPressテーマ「THE・THOR(ザ・トール)」のメリット・デメリット!評判・口コミを調査

関連記事

THE・THOR(ザ・トール)の特徴が知りたい メリットとデメリットも知りたい 評判もついでに知りたいこんな要望にお答えします。THE・THOR(ザ・トール)は有料のWordPressテーマの一つ[…]

THE・THOR(ザ・トール)

>>【買っても稼げない】マナブさんのブログ型アフィリエイト教材の評判・口コミを調査!【理由は一つだけ】

関連記事

マナブってだれ? マナブさんのブログ教材のメリット・デメリットを知りたい 評判も知りたい 14,800円って高くない?こんな疑問にお答えします。マナブさんとは、ブログ歴6年でブログからの収益[…]

マナブ流ブログ型アフィリエイトの完全講義
世界基準を体感しよう!【HotForex】
5.0



世界各地で大人気!
業界屈指の人気ブローカー【HotForex】
口座開設は全世界で1,500,000件突破!
金融業界で30を超える受賞履歴を誇るブランド!
今なら1ロットの取引で3ドルのキャッシュバック付き(ドル円の場合)
気になる方は詳細ページのボタンをクリック

ブログの書き方
Follow me!
スポンサーリンク
NO IMAGE